キャリア

未経験からクラウドエンジニア(AWS)を目指す際にやっておきたいこと3つ

クラウドエンジニア

こんにちは、ちゃりおです。

先日、キャリアアドバイザーの方から「未経験からクラウドエンジニアを目指す人にどんな勉強を勧めればいいですか」という質問を受けました。

最近クラウドエンジニアを目指す人が増えてきているらしいです。
今回は、クラウドエンジニアを目指す際に最低限勉強しておきたいことを書きます。

需要が大きいことからここではクラウドは、AWSに絞って話します。

ちゃりお
ちゃりお
最低限やっておきたいことです。

対象

対象読者です。

  • オンプレのインフラエンジニアでクラウドは触ったことがない
  • エンジニア自体未経験

自己紹介

僕自身も以前は、オンプレメインのエンジニアをやっていました。
案件でクラウド(AWS)を触る機会があり、それを機にスキルチェンジしていきました。

経験から役立つ情報を提供できたらと思います。

  • 現職: SRE
  • 認定資格アソシエイト3冠 AWS SAA、AWS Sysops、AWS Developper
  • オンプレのインフラエンジニアを1年ほどやり、クラウドメインにスキルチャンジ
  • AWS歴 3年
  • JAWS-UGで登壇経験あり

最初に勉強するクラウドでAWSをおすすめする理由

需要が大きいからです。

フリーエンジニアのサイト(レバテック)で案件数を調べてみたのですが、Azure:186件・GCP:137件に対し、AWSはなんと1423件。(2019/7/29時点)

案件数からも、市場での需要の高さが伺えます。

aws
これからAWSを勉強する人へ 〜AWSを勉強する3つのメリット〜インフラって範囲が広くて、「何を勉強すればいいか」わからないですよね。 個人的には、AWSを勉強したのが一番役に立っています。 今回は...

AWSで最低限勉強しておきたいこと

本題の未経験からクラウドエンジニアになる際に、最低限やっておきたいことです。

  • 自分のAWSアカウントを作る
  • EC2でWebサーバを立ててみる
  • 書籍「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築」をやってみる

AWSアカウントを作る

AWSを使用するにはアカウントを作成する必要があります。

キャリアドバイザーの方から聞いて、衝撃的だったのが「クラウドエンジニアを目指したいです」と相談に来る人の大半がAWSアカウントもってなかったことです。
(GCPやAzureのアカウントを持っていたのかもしれません)

なので、AWSのアカウントを作るだけでも差別化を図ることができるのではないでしょうか。

下記のリンクから簡単にアカウントを作成することができます。

AWSアカウント作成

クラウドサービスってめちゃくちゃお金かかりそうなイメージがあるかもしれません。
しかし、大半のクラウドサービスには無料枠があります。

AWSの場合も、1年間の無料利用枠があります。
無料利用枠を活用すれば、ほとんどお金かかりません。(かかっても数百円程度)

EC2でWebサーバを立ててみる

webサーバ

アカウントを作ったら実際に、AWSを触ってみましょう。

よく使われるサービスなのでEC2を使ってみることをおすすめします。
EC2はIaaSで仮想サーバを提供するサービスです。

EC2でWebサーバを立ててみると、EC2やVPCなどよく使うサービスへの理解を深めることができます。
下記の記事が画像つきでわかりやすかったです。

AWS EC2でWebサーバーを構築してみる

書籍「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築」をやってみる

初めてAWSを勉強する方におすすめの本です。
以前社内で勉強会を行った際もこちらの本を題材にしました。

目次はこんな感じです。

CHAPTER 1 システム構築をインフラから始めるには
CHAPTER 2 ネットワークを構築する
CHAPTER 3 サーバーを構築する
CHAPTER 4 Webサーバーソフトをインストールする
CHAPTER 5 HTTPの動きを確認する
CHAPTER 6 プライベートサブネットを構築する
CHAPTER 7 NATを構築する
CHAPTER 8 DBを用いたブログシステムの構築
CHAPTER 9 TCP/IPによる通信の仕組みを理解する
Appendix A パケットキャプチャで通信をのぞいてみる
Appendix B ネットワークの管理・運用とトラブルシューティング

実際に手を動かしながら、WebサーバとDBサーバを構築し、wordpressを導入します。
ネットワークの基礎的なところにも触れているので、未経験の方でもわかりやすいと思います。

成果物が欲しい場合は、こちらの本で作った構成をCloudformationやTerraformでコード化してgithubにあげるなどもいいと思います。

まとめ

今回はクラウドエンジニア(AWS)を目指す際に最低限やっておきたいことをまとめてみました。
この他にも、書籍やUdemyを活用して勉強するとより良いと思います。

聞いた話だと企業側はAWSアカウントを持っていて、自分でいろいろ試している人がほしいという要望があるみたいです。
今回紹介したこと以外にも、気になるサービスを触ってみたりするといいです。

市場規模から初めて勉強するクラウドはAWSがおすすめ
最低限以下の3つをやっておきたい

  • AWSアカウントを作る
  • EC2でWebサーバを立ててみる
  • 書籍「Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築」をやってみる

Amazonで「AWS」の本をみてみる!!

Udemyで「AWS」のコースをみてみる!!

aws
これからAWSを勉強する人へ 〜AWSを勉強する3つのメリット〜インフラって範囲が広くて、「何を勉強すればいいか」わからないですよね。 個人的には、AWSを勉強したのが一番役に立っています。 今回は...
aws saa
AWS初心者が3週間でAWSソリューションアーキテクト(SAA)を取った勉強法こんにちは、ちゃりお(@chari7311)です! 以前社内の事情でAWSソリューションアーキテクトを3週間で取るよう言われました。 ...
転職活動を始める前に知りたい若手インフラエンジニアの転職に役立った3つのことこんにちは、ちゃりおです。 今年の2月に、新卒で2年10ヶ月働いたSIerからWeb系に転職しました。 職種はインフラエンジニアからS...